商品情報

2020年11月16日

先日ソロで表妙義の縦走をした時の装備紹介

この記事をシェア

スタッフのときおです。

写真1は先日ソロで表妙義の縦走をした時の装備です。

ちなみに写ってないものとしては、カラビナ一つと60cmのスリング一つ、水分1L、食料、そしてヘルメットをかぶっていってます。

バックパックは25Lですが、全部入れても余裕があるので、今の時期ならコレに保温着を一枚プラスして入れても問題ないぐらいの大きさですね。

ボクは何度もここに来て慣れていることもあり、ロープ等クライミングギアはほとんど使いません。

ですが、自分に何かトラブルがあった時や、怪我した登山者がいた時用に最低限の装備をバックパックに入れていきます。

できるだけ軽量な方が軽快に行動できるので、こういった装備の軽量化も重要になってきます。

ボクの装備の中で特徴的なアイテム2つをご紹介します。

BEAL バックアップライン5mm×30m
10400円+tax

重さ630gととても軽くてコンパクトになる補助ロープ。
クライミングには使えませんが、懸垂下降やお助け紐等に使えるのでバックアップにもしもの為に入れておくには最適です。

BLUEICE コーカスライト
9800円+tax

重さ89gの超軽量ハーネス。
ハーネスを履いて長くぶら下がるようなシチュエーションでは快適ではないですが、使うかどうかわからないけど持って行く時や、懸垂下降やセルフビレイ等にしか使わない時などに活躍します。

両アイテムとも通常のクライミングには向かないですが、テクニカルな岩稜のある登山等にはかなりオススメです!

今ある装備を今一度見直してご検討ください!

このカテゴリーの新着記事