fbpx

修理・ご相談事例

2021年8月7日

【マットレスの穴あきパッチ修理】のご紹介

この記事をシェア

スタッフ関家です。

【マットレスの穴あきパッチ修理】

エアマットを使用していると、尖ったものを踏んでしまい穴が空いてしまうこともあります。
穴あきがフィールドで起こった場合でも慌てず修理できるように、パッチ修理の方法をわかりやすく写真で紹介します。お時間のあるときに是非ご覧ください。

①穴を探します。フィールドで穴が小さくて見えない場合は、空気を入れた状態で耳を近づけ音で穴を見つけます。

②穴の大きさを測り、大きさ+1cmほどの大きさにパッチを切りましょう。

③パッチを貼る場所の回りをアルコールシートで脱脂します。

④パッチを貼ります。

⑤しっかりと押しながら、空気を抜きます。

定期的にギアをメンテナンスすることは、快適性と安全性へと繋がり、フィールドでのトラブルを未然に防ぐことになります。また、構造を知り、修理を覚えることで、慌てることなく現場でトラブルを回避できます。
さらに、メンテナンスをすることでギアを長く愛用することができるのです。

※株式会社モチヅキが運営する情報サイト「Backcountry Research」より。

このカテゴリーの新着記事