お知らせ

2019年9月8日

幕張総合高校クライミングウォールメンテナンス2019

この記事をシェア

8月の熱く暑い夏!
クライミングウォール定期安全点検及びメンテナンス作業を頑張ってきました!

千葉県立幕張総合高校クライミングウォールは、2008年にボルダリングウォール4面、リードウォール2面(15m高)、
そして2017年にはスピードクライミングウォール一連を設置し、多くのスポーツクライマーの競技力向上に大いに貢献しています。

7階建校舎、吹き抜けのユニークな建物です。
個性的でおしゃれな景観は人目を呼んでいます。
校舎内に設置されたウォールは、全教室から観察でき、クライマーの息遣いがすぐそばで聞こえるくらいです。

学校内であり、そして県山岳連盟管理ということで、一般の方は原則的に立ち入りできませんが、素晴らしい施設だと自負しています。

設置から維持管理まで、ヨシキスタッフが大きく関与し、全力で取り組んできました。
年一回のメンテナンスを長く続けていますが、今年も頑張って実施しました。
多くのスポーツクライマーが本ウォールでの活動を通し、元気に活躍してもらえたら…
そんな気持ちで心を込め、作業は3日間続きました。
とても大変な作業ではありますが、達成感がありやりがいを感じています。

幕張総合高校クライミングウォールについて
詳しくは下記リンクをご覧ください。
千葉県立幕張総合高等学校
千葉県フリークライミング協会
幕張総合高校ワンゲル部

このカテゴリーの新着記事