フィールドレポート

2020年10月23日

谷川岳馬蹄形縦走を日帰りで行ってきました(vol.3)

この記事をシェア

スタッフのときおです。

谷川岳馬蹄形縦走レポートvol.3

茂倉岳から先は岩が多くなり、それまでの雰囲気とは全く別の山容となります。

相変わらず雲がかかったり抜けたりの繰り返しでスッキリとしません。

茂倉岳から一ノ倉岳までは10分ぐらいで到着。
この時点で11時50分。

馬蹄形12時間が目標のペースで来ていましたが、ちょっとだけ遅れ気味でした。
でも、無理に目標に合わせる事はないなと思い、急がずそれまでと同じペースで歩く事にしました。

一ノ倉にはクライミングで来たいと思っていながらもなかなかタイミングが合わず、来れないまま。
上から眺める一ノ倉沢は吸い込まれるんじゃないかと思うぐらい高度感があり、厳つい雰囲気が漂っていました。

谷川岳に向けて歩いてる途中やっと雲が切れたタイミングでスタートの白毛門や笠ヶ岳朝日岳の姿を拝むことができました。

ホントにあそこから来たのか?と自分自身で疑うぐらい遠くに見えましたね😅

人気の山である谷川岳のオキの耳、トマの耳まで来ると登山者の姿が多くなります。
最後のピークのトマの耳には12時50分に到着したのですが、まだまだ上がってくる登山者の方は多かったですね。

トマの耳からは西黒尾根を使って下山。

ちなみに現在ロープウェイは動いていないので、谷川岳に行く方はちゃんとチェックをしてから向かうといいですよ!

長い西黒尾根の下りを降りきって車についたのが15時10分。
結果12時間25分の行動時間でした。

今回、目標に届かなかった事よりも展望が楽しめなかった事の方が残念だと感じたので、今度こそ秋晴れの良い日に来たいですね。

白崩避難小屋などを使って一泊で行くともっとゆったり楽しめるので、是非みなさんも行ってみてください!

このカテゴリーの新着記事