fbpx

フィールドレポート

2021年4月22日

日本三大急登のひとつ、西黒尾根を登り、谷川岳山頂を目指す

この記事をシェア

スタッフ関家です。

日本三大急登のひとつ、西黒尾根を登り、谷川岳山頂を目指す。

冬は厳しい谷川岳だけれど、この日は、穏やかな気候。

西黒尾根を登って天神尾根を下る日帰り行程だが、登りに時間がかかるので、朝早めの登山開始を心がけたいところ。

樹林帯を抜けたところからは尾根を登り、鎖場が現れる。岩場には鎖がつけられているが、足場はしっかりしている。登りきると、平たい場所になるので、ここで休憩するのもよい。

岩場を越えるとラクダの背と呼ばれるピークから、谷川岳が眼目に迫る。

谷川岳はトマの耳とオキの耳からなる双耳峰だ。

見通しのよい稜線は「登るぞ!」というモチベーションも上がる。

雪山の日差しの強さは半端なものではない。装備はもちろんのこと、日焼け対策とサングラスも忘れずに。レイヤリングについては、後日ポストしますー!

2021.4.20(The)

このカテゴリーの新着記事