fbpx

レポート

2021年12月23日

先日のお休みに箱根湯本駅から歩き出す湯坂路を歩いてきました。

この記事をシェア

スタッフのときおです。

先日のお休みに箱根湯本駅から歩き出す湯坂路を歩いてきました。

湯坂路は、鎌倉の将軍頼朝が箱根権現の参詣道として通ったと言われている道で鎌倉古道とも呼ばれてます。

江戸時代までは箱根越えの道として使われていたようですが、現在はハイキングコースとして多くのハイカーが楽しんでいます。

所々に石畳の面影がチラホラと見えたりもしますが、基本的にはとても歩きやすくて気持ちのよいトレイルです。

この時期は紅葉も一段落しているのでハイカーも少なくなり、落ち着いた雰囲気が心地いいんです。

途中通る精進池は結氷し、冬ならではの景色も楽しめます。

箱根旧街道沿いにある江戸時代からある甘酒茶屋まで足を伸ばしてバス待ちのついでに甘酒と力餅を堪能してきました。
落ち着いた店内で居心地がよく長居してしまいそうな場所でしたね。

このルート実は来月ツアーを企画しています。

1/22(土) yama楽 鷹巣山 浅間山

約13km、登り累積標高差約1000mと歩き応えのあるルートで、冬の体力維持にもバッチリ。
募集残りわずかですが、是非ご一緒に歩きませんか?

このカテゴリーの新着記事