fbpx

レポート

2022年5月30日

5/15 目の前に広がるでっかい富士山と愛鷹山のアシタカツツジを見に行ってきました。

この記事をシェア

念願のアシタカツツジは濃いピンク色の花を咲かせて私達を出迎えてくれました(^_-)-☆
そして。。。なんと!思いがけず、足元には同じピンク色のコイワカガミの大群生!最後に真っ白なズミの花・・山の花に癒されたトレッキングとなりました♪
残念ながら、裾野から山頂までドーンと全容が見えるはずの富士山は、影も形も見る事ができませんでした(>_<)

え1-1

山の神9:30〜富士見峠〜10:55黒岳〜富士見峠〜13:30越前岳13:45~15:20十里木

当初は越前岳だけのトレッキングの予定でしたが、下見に行き黒岳とのミニ縦走も充分可能と判断し、オプションでコースに黒岳も組み込みました。

9:30出発は山の神登山口。登山口駐車場には15台ほどの車が止まっていました。
身体をほぐして出発です。

え1-2

まず、富士見峠を経由して、黒岳へ。
富士見峠からの標高差は100mほどですが、結構な急斜面に細かい倒木や根が張って、足元注意!

え2-1

展望広場の道標の右側にでっかい富士山が見えるはずなのですが・・・ガスで全く見えない(>_<)

え2-2

黒岳展望広場を過ぎると、見上げるような高い木々。新緑の樹林帯。

え2-3

黒岳山頂! 新緑で囲まれていましたが、黒岳までの登山道にはアシタカツツジはありませんでした。

え3-1

富士見峠に戻り、次に目指すは本日のメイン越前岳です。
まず、枯れ枝の中にギンリョウソウ・・・山行中初めて見る花(?)です!

え3-2

ついに登場! 今回のツアーのお目当て「アシタカツツジ」
黄緑色の新緑に囲まれピンク色のお花がひときわ色鮮やかです。

え3-3

登山道は荒れていて、正規の登山道は途中で崩れたり、削れて深くなっていたりしていて、
正規の登山道脇に側道が出来ているのですが、途中で踏み後がなくなったりしていました。
柔らかい土の登山道なので、歩きやすいのですが、最近の豪雨で土が流されてしまっているようでした。

え4-1

標高が上がるにつれて花をつけたアシタカツツジが登山道の右に左に・・・いっぱいです(^_-)-☆。
同じアシタカツツジでも花の色は微妙に違うんですね。ちょっと濃かったり、薄かったり、赤に近い色だったり・・・目を楽しませてくれました

え4-2
え5-1

雲は多くても視界は良好だったのですが、だんだんガスが樹林帯を覆い始め。。幻想的な雰囲気に!

え5-2

お天気も怪しくなってきました。

え6-1

突然コイワカガミの大群生。こんなにしっかりまっすぐに咲いている大群生
見た事ありません。こんな群生が何か所も・・・・圧倒!
アシタカツツジをみたい!と企画した山行だったので、このコイワカガミはビッグサプライズ\(^o^)/

え6-2

13:30山頂到着! 後ろに見えるはずの富士山が雲に隠れて全く見えません(+_+)
下山口は十里木へ。

え6-3

見事に咲いたアシタカツツジの下で記念写真!

え7-1

山頂〜十里木間の登山道脇はアシタカツツジが満開\(^o^)/

え7-2

アシタカツツジの下でひっそりとさいていたヒメイチゲ・・・

え7-3

そして最後に満開のズミ♪

え8-1

展望台まで下りてきましたが、ご覧の通り、富士山は完全に雲の中。
もう一つの山行目的、でっかい富士山をみよう!は次回までお預けとなりました(*^_^*)

え8-2

今回、アシタカツツジはドンピシャで最高♪サプライズのコイワカガミの大群生もあり。
清楚なヒメイチゲ、そして最後に満開のズミ! でっかい富士山はお預けとなりましたが、お花にはメチャメチャ満足できた山行となりました (^_-)-☆

下山後、御殿場駅近くの「人参湯」という銭湯で汗を流し、駅へ。なんと!電車に乗った途端どしゃぶりの雨・・・いや〜〜本当に今回はメチャクチャラッキーでした(*^_^*)

YYクラブでは6月からも楽しい企画がいっぱいです。

これから野山はお花達が咲き競い、華やかな季節になってきます。
私達と一緒に素晴らし自然を楽しみませんか?!

皆様のご参加、お待ちしておりますよ~~\(^o^)/

最後までお読みいただき有難うございました >>>〜*****〜✤〜✤~✤〜*****〜<<<

このカテゴリーの新着記事