fbpx

フィールドレポート

2022年7月21日

昨日のお休みは水量が少なめで登攀が楽しめる西丹沢の東沢本棚沢へ沢登りに行ってきました。

この記事をシェア

スタッフのときおです。

昨日のお休みは天気がビミョーだったので、水量が少なめで登攀が楽しめる西丹沢の東沢本棚沢へ沢登りに行ってきました。

思いの外涼しく、水がスゴく冷たかったですが、ファイントラックのフラッドラッシュを着て行ったのでほとんど寒さを感じずに快適に溯行できました。

この辺はそんなに雨が降っていないようで水量はほとんど増えていなかったですね。

この沢の滝はそこそこ手強いので、「こえー!!!」って言いながら滝登攀を楽しんできました!

最後の涸棚40mは少しだけ水が流れている上に、水が流れていないところは土がこびりついていて滑るし、水が流れているところも乾いているところも滑るというかなりシビアな状況でした。

おそらく少し前に上流で土砂が崩れてそれが流されてたまっているのかなと思います。

クラックには土が詰まっていてカムをセットするのに土をほじくりかえしてからセットするという感じ。

下から見たときはホールドもスタンスもありそうでそんなに難しく見えなかったので、クライミングシューズには履き替えずとりつきました。

しかし、ホールドもガバは限られているし、スタッフは外傾していてフリクションで立ちこむ感じのところも多くて、登ってる最中クライミングシューズに履き替えなかったのを後悔しました。

もう少し土が流された方が快適に登れそうですね。